必要に合わせて追加できるオプションで、プレゼンテーションをより強力に。 Option
OSXで制作したKeynoteを iOSで再現率100%最適化 Keynote をムービー書出し トランジションの最適化
Functional Soundtm
特別な機能を持つ音源 和のデザイン哲学という
クリエイティブコンセプト
macOSで制作した Keynote ファイルを iOSでそのまま再生できるから、 いつでもどこでも、Keynote プレゼンテーションを持ち歩くことができるようになります。 たとえば、iOS端末からのHDMI出力でのプレゼンテーションも可能です。
macOS と iOS で「再現性100%」のKeynote プレゼンテーション iOS で Keynoteプレゼンテーション を再生したら崩れてしまった…という経験はありませんか? INOMATA DESIGNでは、macOSで作成したKeynoteファイルをiOSにて100%の再現性を実現することができます。 フォントの種類やオブジェクトの量、それを動かすトランジションの選択などを最適化することにより Keynote プレゼンテーションをポケットに入れて持ち運べます。
プレゼンテーションスライドを動画で書き出せば、可能性がひろがります。 滑らかさこそ損なわれますが、Keynote プレゼンテーションを動画で書き出すことができます。 再生のタイミングも自由に設定することが出来るので、自動再生によるプレゼンテーションが成立します。 ストリーミング再生や店頭ディスプレイ広告など、動画の使い方はアイデア次第です。 INOMATA DESIGN : Keynote Sample このサンプルは、Keynote で作られたプレゼンテーションスライドを動画で書き出したものです。
残念ですが、Keynote から書き出した30fpsのサンプルムービーでは魅力のすべてを表現できません。 実際にMac上で再生される60fpsのスライドでは、よりなめらかに、より気持良く、見惚れるほどに美しく動きます。
「伝統を捨てた国を知っていますか。 皇紀何年か知っていますか。」 広告デザインの巨匠 故・浅野矩美氏より頂いたメッセージがきっかけでした。 「+660」とは神武天皇即位紀元に由来する皇紀が、西暦に660年を足した数字であることに由来し 日本の伝統文化の中に、暗黙知として埋め込まれている和のデザイン哲学を、現代のデザインに融合する試みです。
「和のデザイン哲学」を取り入れること 足が短くても胸を張って、顎を引いて、密かな誇りを持って道をゆきませんか。 明日の日出ずる国が元気になるように。 「あなたは日本を知っていますか。 日本人は誰?」 それは、西洋文化へのアンチテーゼではなく 極端な和への傾倒でもありません。 現代的なデザインの中にそっと 和のエッセンスを取り入れ調和させます。
和のデザイン哲学 和の配置
和のデザイン哲学 和色
Functional Soundtm とは、脳に直接働きかけ様々な効果を生むサウンド技術です。 音を通して集中力を向上させたり、緊張を解きほぐしたり…機能的な音源をプレゼンテーションに仕込むことが出来ます。 プレゼンターにも、オーディエンスにも、双方に心地よい空気づくりに貢献することが目的です。 プレゼンテーション成功のために、あらゆる手を尽くして臨みたいというモチベーションに応えるオプションです。
効果例.2 共感してもらう
効果例.1 好印象を与える
効果例.3 強く印象づける
プレゼンテーション時にスピーカーさえあれば、その効果を発揮する事ができます。 Functional Soundtm で、あなたの Keynoteプレゼンテーションの感動を増幅させましょう。 ※FUNCTIONAL SOUNDは、よくあるサブリミナル・メッセージが埋め込まれた音源とは異なり、メッセージ性を一切含まない音源で構成されています。 一般社団法人 日本民間放送連盟が明文化しているサブリミナル規制などにも一切抵触しないため、テレビなどの公共の電波メディアでも問題なく利用できる安全・安心な技術です。
Keynote プレゼンテーションに、魅力的なオプションを追加して下さい。 訴求効果を最大化しましょう。
>
Keynote プレゼンテーション制作 / 企業セミナーのご依頼・その他 お問い合わせはこちら

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォーム送信成功しました!

©INOMATA DESIGN